続・猫とわたしの気まま日記。

猫のプルミエール♀と飼い主たちの何気ない日常。

チキンカツ太郎。

昨日、きび太郎・ピーマン太郎・どんぐり太郎のことを書かせていただき、本日は私の若い頃に出くわしたチキンカツ太郎となります。

画像はないのでご安心を。

 

 

若い頃、家族と入ったとあるチェーンのトンカツ屋さんでチキンカツを注文。

週末の一番混んでいる時間帯。

 

食べやすく切られて運ばれてきたチキンカツ。

スライスされたカツのすきまからチキンとは違う色がちらっと。

最初は肉の血の塊か何かかと思って受け取った。

気になって箸でずらすと真ん中2~3切れにわたってぶにぶにの何かがカツと一緒にスライスされていた。

 

私がフリーズしていたので母親をはじめ、家族が注目。

(私以外全員とんかつチーム)

 

私「これって鶏肉の一部かな?」

母「えーやだやだ!おかしいでしょ、こんなチキンカツの断面見たことない。」

姉「何それ気持ち悪い💦早く店のヒト呼ぼうよ。」

父「いや、その前にとんかつもチェックするんだ。」

 

火が通された上に切られていてはっきりとはわからないのですが、大きめの幼虫チックなやつ?

ところで何のタイミングでこれが入るの???大人になった今でもわからない。

切った人は忙しすぎて見逃した?

 

店のヒトを呼び、鶏肉ではない何かが入っている気がすることを母が告げた。

そのアルバイトがすぐに店長を連れて来て、店長がチキンカツを回収して厨房で確認作業をした様子。

待つこと数分。

 

やはり何らかの生物のようだった。

 

平謝りの店長は新しいものをすぐにと言い出した。

もちろん我が家はこの店での食事継続ムリ。

次回、全額お店も持ちにするので再来店がどうちゃらと親と話していたけれど、私遠くでドン引き。親がそれも断った。

 

その後、私のお気に入りのファミレスにでも行ったんだったか、チキンカツ太郎以外は記憶があいまい。

 

おそらく全員その店での出来事は他人に話さなかったが、時の流れと共にその店舗は無くなってしまった。

 

私が口外するのはこの記事が初めて。

 

チキンカツにもご用心と言いたいけど、これは基本的にないはず。

 

 

~おまけ~

太郎じゃないけど、実際に遭遇した異物混入体験の強烈なもの2つ。

 

①米袋から出てきた大人Gの亡骸

昔付き合っていた彼の家に遊びに行ったとき、「田舎から米が送られてきたんだ。」と言われて二人で米袋を開けたところ、遭遇。

もちろん米は廃棄。代わりの物を買いに行ったんだったかな?

 

②スポンジから針金

お皿を洗っていた時にチクッと指に痛みがあり、確認したところスポンジの中から針金のような細い金属がコンニチハ。

⇒これは危険なのでメーカーに連絡し、新品のスポンジと菓子折りとおわび状と混入の経緯が書いた報告書が届いた。

 

本日欠席のぷーちゃん。明日からはまたたっぷり登場。

f:id:puru-m3919:20211023215837j:plain


おかみさん(id:nekoyanookami)から頂いた栗太郎ブコメ

この世には色んな太郎がいますね。あとは栗太郎!未消毒だと穴が無くても中に産み付けられた卵が孵って中からコンニチはです。販売ルートに乗ってるモノはまずないと思います。イモムシの太郎は勘弁願いたいですよね 

たまごさん(id:nanakama)も以前の栗仕事ブログで触れられていました。

ちなみに、栗にもクリ太郎がおりますが、出始めの早い時期にさっさと処理してしまえば、出会わずに済みます。

要は、もともと栗のなかに、卵が産み付けられているので、

(マジか~。これ知ったときはビビりました)

孵化される前に加熱するんだって。

(詳しく知りたい方は「栗の虫」でググってみてね)

 

燻煙処理がされていれば、それほど出会わないみたいなんですが、それでも買ってすぐに処理、が基本だそうです。

 

秋の太郎祭り開催中。

puru-m3919.hatenablog.com